デメカル血液検査シリーズ

健康チェックシリーズ

健康チェックシリーズ

糖尿病やメタボリックシンドロームの検査ができます。 適切な生活習慣を確立し、生活習慣病を予防しましょう。

一覧を見る

がんリスクチェックシリーズ

がんリスクチェックシリーズ

がんは早期治療を行うことで治癒率や治療費が大きく異なります。 早期治療を行うためにも、まずは早期発見を。

一覧を見る

感染症検査シリーズ

感染症検査シリーズ

肝炎もHIV感染も、特別な病気ではありません。性別・年代問わず、リスクがあります。 HIV感染は感染の可能性があった日から、3カ月以上経過すると検査で確認が可能。早期発見・早期治療で、自分の体を守りましょう。

一覧を見る

おすすめの検査キット一覧

【ブレストケアグラブ】2枚入り

【ブレストケアグラブ】2枚入り

「ブレストケアグラブ」は、肌の上の滑りをよくして自己触診をサポートしてくれる乳がん検診手袋です。「ブレストケアグラブ」で自身の乳房の変化を定期的にチェックし、手軽にセルフケアの習慣化をしましょう。
※ 商品は普通郵便(ポスト投函)でお送りいたします。

1,100円(税込)
もっと詳しく

胃がんリスク層別化検査(ABC分類)

胃がんリスク層別化検査(ABC分類)

胃がん、胃潰瘍、十二指腸潰瘍のチェックに。 ペプシノゲン検査とピロリ菌検査の両方が一度にできます。検査結果より胃がんになりやすい状態を判定するABC分類の判定をお知らせします。

9,900円(税込)
もっと詳しく

がんリスクチェッカー女性向け

がんリスクチェッカー女性向け

女性に多い乳がんに加え、大腸、食道などのがんリスクをチェックします。がんリスクの指標の一つとしてご利用ください。

12,100円(税込)
もっと詳しく

がんリスクチェッカー男性向け

がんリスクチェッカー男性向け

男性特有の前立腺がんに加え、大腸、食道などのがんリスクをチェックします。がんリスクの指標の一つとしてご利用ください。

12,100円(税込)
もっと詳しく

【ブレストケアグラブ】5枚入り

【ブレストケアグラブ】5枚入り

「ブレストケアグラブ」は、肌の上の滑りをよくして自己触診をサポートしてくれる乳がん検診手袋です。「ブレストケアグラブ」で自身の乳房の変化を定期的にチェックし、手軽にセルフケアの習慣化をしましょう。
※ 商品は普通郵便(ポスト投函)でお送りいたします。

2,750円(税込)
もっと詳しく

B型+C型肝炎+HIVセルフチェック

B型+C型肝炎+HIVセルフチェック

エイズウィルス、B型・C型肝炎ウィルスは主に血液や体液を介して感染します。症状が出るまでに時間を要する場合もあります。

11,880円(税込)
もっと詳しく

B型+C型肝炎セルフチェック

B型+C型肝炎セルフチェック

B型、C型肝炎は輸血、注射針の使いまわし、針刺し事故などが主な原因といわれています。輸血や手術の経験がある方にお勧めします。

10,780円(税込)
もっと詳しく

HIVセルフチェック

HIVセルフチェック

エイズウィルス感染後のHIVスクリーニング検査です。

6,600円(税込)
もっと詳しく

ピロリ菌検査(胃がんリスクチェック)

ピロリ菌検査(胃がんリスクチェック)

胃炎や胃潰瘍の原因と言われているピロリ菌の感染をスクリーニング(ふりわけ)する検査です。日本で胃がんの死亡率が高いのはピロリ菌によるものといわれています。

7,260円(税込)
もっと詳しく

生活習慣病+糖尿病セルフチェック

生活習慣病+糖尿病セルフチェック

生活習慣病の中でも特に糖尿病に焦点を当てた検査です。糖尿病のリスクがあると様々な合併症を引き起こしたり、他の症状を悪化させたりします。

7,370円(税込)
もっと詳しく

メタボリックシンドローム&生活習慣病セルフチェック

メタボリックシンドローム&生活習慣病セルフチェック

メタボリックシンドロームをチェックする検査です。メタボリックシンドロームは、自覚症状がなくとも様々な病気が引き起こされやすい状態なので、要注意です。

7,700円(税込)
もっと詳しく

デメカル血液検査シリーズ

健康チェックシリーズ

健康チェックシリーズ

糖尿病やメタボリックシンドロームの検査ができます。 適切な生活習慣を確立し、生活習慣病を予防しましょう。

一覧を見る

がんリスクチェックシリーズ

がんリスクチェックシリーズ

がんは早期治療を行うことで治癒率や治療費が大きく異なります。 早期治療を行うためにも、まずは早期発見を。

一覧を見る

感染症検査シリーズ

感染症検査シリーズ

肝炎もHIV感染も、特別な病気ではありません。性別・年代問わず、リスクがあります。 HIV感染は感染の可能性があった日から、3カ月以上経過すると検査で確認が可能。早期発見・早期治療で、自分の体を守りましょう。

一覧を見る