カラダは常に外敵と戦っている

がんは内部に潜んでいる敵、あなたの生活習慣の悪化とともに、免疫力では勝てない状況が生まれています。

私たちのカラダは、免疫力によって外からの敵と戦っています。

血液の流れに乗って様々な特徴を持った白血球が、全身を警備しているとイメージすると分かりやすい。情報の収集役は〈マイクロファジー〉命令を発信します。カラダに入って来た敵を飲み込み自爆するのが〈顆粒球〉〈リンパ球〉、水際作戦部隊といえます。

一方〈リンパ球〉は、ウィルスやがん細胞など特殊な敵と戦う、別動隊も持っています。これら免疫力が、生活習慣等で劣化し、攻撃し続けても相手が増殖し続け、がんが確認できる状況にまで拡大する。

その前に、血液中にある傾向は確認できる、それが腫瘍マーカーによる検査です。

私たちのカラダは、免疫力によって外からの敵と戦っています

日本人の二人に一人はがんに罹患する今、女性の場合・・・・。

通常の定期検診(生化学検査のみ)では、チェックしていない、女性特有の腫瘍マーカーの検査を、自宅でセルフチェック。

1位乳がん、2位大腸がん、3位胃がん、4位肺がん、5位子宮がん、上位5つが全体の65%を占めています。早期の発見が何より重要です。

女性同士で友達が乳がんになった話題を良くしているのをよく耳にします。しかも、ずいぶん若い人のようです。
確かに統計上、女性のがんが若年化しています。不規則な生活、会社でのストレス、どれも原因と言い切る医学的根拠は立証されていません。

ただ、がんも生活習慣病であることを知っておくことでセルフケアの意味は大きく違ってきます。親もがんを患ったから、私も。それも一理あります。

女性がんの羅患

定期的な血液検査を心がけ、マンモグラフィー(乳がん検査)受診やお風呂に入ったと時に自己触診によるセルフチェックをする、そんな習慣を取り入れてみてはいかがでしょうか。

女性のがん罹患率では、大腸がんが一番ですが、乳がんや子宮がん、卵巣がんは、精神的なショックが大きく、女性自身の生活設計を大きく揺らぐことになります。

若いうちからのセルフチェック習慣が、がん予防への最も有効な方法です。

今日から、始めよう、私のがん予防対策!

女性専用の検査で腫瘍マーカー3種類をスクリーニングチェックすることで、がんのリスクを低減させる。
早期の気づきは、自分の大切な生活を守る、ほんの小さなセルフケアの入り口です。

がんは10年、15年の年月をかけて、あなたの生活習慣の悪化とともに進化します。

女性がん総合検査リスクチェックでは三種類の腫瘍マーカーを検査します。
女性の罹患率の高い項目をチェックできます。

CA125(卵巣がん、子宮がんの腫瘍マーカー)

卵巣の上皮から発生したタンパク質であるムチン性抗原という物質への反応を数値化する検査です。特に卵巣がん、子宮がんの発見に有効な腫瘍マーカーです。 妊娠初期や月経時、閉経前などにも一過性の上昇が見られる場合があります。
ご自身の体調から自己採血をされる日を決めて頂くことで、より正確なスクリーニングとなります。

CA19-9(婦人科系腫瘍マーカー)

消化器系がんマーカーで膵臓がんの治療マーカーとしても使われている、胃がん、大腸がん、肝臓がんでも陽性率が高くなります。
特に乳がん、卵巣がんにおいては、CA19-9が高い値で、CA125も高い場合婦人科系がんへの精密な検査を行う、
卵巣がんの早期発見には欠かせない腫瘍マーカーです。

CEA(消化器系の腫瘍マーカー)

がん胎児性抗原 Carcinoembryonic Antigenは糖タンパクの一種で幼児期にしか体内に存在していないことから、このような名称がついています。
1965年にカナダで大腸がんの組織から抽出されてから、主に腺癌に対する指標として、大腸がん、胃がん、肺がん、卵巣がん、子宮がんのスクリーニングマーカーとして診断に使われています。
他の疾病においても基準値を超える数値を示すことがあることや、喫煙の主観のある人で高値を示す場合があります。
いずれも基準値を超えた値の場合、医師の診断を受けられることを勧めています。

おすすめのがんリスクチェック

rounded

がんリスクチェッカー

がんの検査で大切なのは早期発見です。比較的早期のがんで上がりやすいp53抗体検査と、がんの血液検査としては代表的なCEA検査で幅広くがんのリスクをチェックします。

rounded

女性用がん総合検査リスクチェック

女性特有の卵巣がんに加え、子宮がん、すい臓がんや消化器系を中心としたがんのリスクをチェックします。がんリスクの指標の一つとしてご利用ください。

rounded

胃がん+女性がんリスクチェック

女性特有の卵巣がんに加え、子宮がんや死亡率の高い胃がんのリスクをチェックします。がんのリスクの指標の一つとしてご利用ください。